チケットキャンプ使い方の大辞典

チケットキャンプの使い方、映画の感想を中心に配信します

チケットキャンプ(チケキャン)ビットコインの使い方、決済方法とは?

f:id:tokumei71:20170518232806j:plain

チケットキャンプを運営するフンザが8月17日にビットコイン決済を導入すると発表しました。今回はビットコインのしくみと使い方について説明します。

 

 

 

 

 

 

ビットコインの使い方と決済方法とは?

 

ビットコインは、現在国内で2,000店舗以上のお店で決済することが可能です。ビットコイン決済の仕組みは、Suicaなどの電子決済と同じで、お金のチャージのがいらないところです。最初は、取引所の登録をします。そのあとで、決済方法として、「ウォレットアプリの決済」と「デビットカードでの決済」の2つの方法があります。

 

取引所の登録方法

ビットコインを扱っている「bitFlyer(ビットフライヤー)」「coincheck(コインチェック)」の登録が非常に簡単です。

 

ウォレットアプリの決済

モバイルアプリでのビットコイン決済は、「ウォレットアプリ」で決済できます。簡単に言うと、店頭にある「受信アドレスのQRコードを読み取り、読み取ったアドレスに購入金額分のビットコインを送るのが主流です。

 

ビットコイン対応デビットカードでの決済

あとは、アプリの他には、ビットコイン対応デビットカードを利用するのがあります。ようは、デビットカードビットコインをいれることです。

 

 

 

日本のビットコイン導入店とは?

 

大手だと、ビックカメラやマルイなどの店舗でビットコイン決済が導入されています。わかりやすいサイトがあったので参考で引用されていただきます。

 

日本で最初にビットコイン決済を導入した「ビッグカメラ」をはじめ、DMM.comAmazonメガネスーパーノジマでも導入されています。業界で言えば飲食店や食品、インテリア雑貨などあらゆる業界で普及されています。

業界 店舗、サイト名
食品、飲食店 ・Wafelhuis
・The Pinc Caw
・九州焼肉てにをは
・天現寺ガーデン
その他
ヘルス・ビューティー ・BULK HOMME ONLINE STORE
・テシヲモール
・ハッピーライフ・ギフト
その他
アクセサリー・インテリア ・BLANCA
・彩雅
その他
サービス・その他 ・コインギフト
・スキャンマン
・amaten
その他

 

 

 

 

 

チケキャン(チケットキャンプ)トラブル解決事例集まとめ集

f:id:tokumei71:20170510003903p:plain

 

今回は、チケットキャンプでの取引で実際にトラブルになっている話題を下記に書きます。

 

 

 

<SPONSORED LINK>

 

 

チケットキャンプを名指している運営は?

チケットキャンプでチケットを買わないのが無難です。チケットが無効化にされる確率が高いからです。

 

 

チケット代金別途の取引が今年の8月からできなくなります

 

これまで色々と問題のあったチケット代金別途取引ができなくなります。

チケットの取引が安全かどうか確認するにはどうするか?

 

 直近の評価重視で100件ぐらいある取引は安全です。

 

 

チケットのコンサートがいけるかどうかわからなければ

チケットキャンプの「あんしん補償」がおすすめです。これは、入場ができなかった場合(紙チケット、電子チケット対応)にはチケット代金を返金致します。ただいま、サービス期間中なのでやすいですが、通常10000円以下だと1080円ぐらいの料金がかかります。

 

チケット代金 料金
10,000円/枚 以下 一律 540 
10,001円〜49,999円/枚 チケット代金の 5.4 %
50,000円/枚 以上 一律 2,700 

 

チケット転売者と一般の出品者のチケットを見分けるのは?

 100件以上、チケットを取引しているのは転売屋の可能性がかなり高いです。

 

 

 注意点

 

便利なあんしん保証ですが、下記のようなことに概要していると適用できませんので注意しましょう。

・買い手の故意・過失により、取引が完了されなかった場合
・チケットキャンプ事務局による入場拒否の記録が確認できない場合
・買い手の故意・過失により入場できなかった場合
・交通機関の影響で当日公演会場まで行くことができなかった場合

地震など天変地異で当日公演を見ることができなかった場合
・主催者都合による公演キャンセル・延期
・当社の定める期日までに請求を行わなかった場合
・あんしん補償プラスの不正利用を目的とした取引の場合
・不正の意図があると判断された商品の場合

・その他、当社が適当でないと判断した場合

 

 

以上、5つのトラブル例をまとめました。

チケット出品時、購入時に気をつけていれば避けれたトラブルがあまりに多くあります。出来る限り時間に余裕を持って、丁寧に確認をして、取引を進めるようにしましょうね。

また、この記事にないトラブルを知りたい方は、以下の記事で確認することができます。こちらもご一読ください。

チケトレ公式チケットレードリセールが正式に登場しました!!

f:id:tokumei71:20170510003903p:plain

今回は、チケットキャンプに対抗して、チケトレの公式チケットレードリーセルが正式に登場しました。そのことについて解説します。

 

 

 

チケトレの公式トレードリセールとは?

f:id:tokumei71:20170510201559g:plain

 

① チケットはすべて券面額で取引
チケットはすべて券面額で出品されるため、人気の公演や良席のチケットでも高額出品の心配なく、お取引していただけます。

② 公的書類による本人確認
購入・出品の取引には必ず本人確認を行うため、安心してお取引していただけます。

③ チケット代金はチケトレ運営事務局でお預かり
チケット代金は購入者からの入金後、チケトレ運営事務局でお預かりするので、お客様同士のやり取りによるトラブルの心配はありません。お預かりした代金は、公演終了後にチケトレ運営事務局からお振込いたします。

④ 公演に入場できなかった場合に購入者に全額返金
万が一、公演に入場できなかった場合、事由に応じて購入者に全額返金いたします。
※事由により、チケトレ運営事務局にて取引をキャンセルし、出品者へのお支払は無効となります。

⑤ 購入証明書(バウチャー)の発行で入場時も安心
チケトレで購入したチケットには、購入証明書が発行されます。
本人確認が必要な公演でも、バウチャーの提示によりスムーズに入場いただけます。

<SPONSORED LINK>  

 

>お取引の流れとは?

 

 

<SPONSORED LINK>

 

プライバシーポリシー及び免責事項

f:id:tokumei71:20170504221730j:plain

免責事項

当サイトを利用することでのトラブルや損失については責任を負いかねます。また、当サイト上の情報は、当サイト管理人による体験、翻訳、調査をもとにしており、その正確性、合理性、有用性は保証しかねます。サイト上の情報は予告なく変更、削除される場合があります。

著作権について

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。引用の範囲を超えるものについては、法的処置を行います。当ブログの文章を引用する場合には、著作権法上認められた正しい引用方法で行い、引用元ページもしくは当ブログのトップページへのリンクを貼ってください。

リンク先の情報について

当サイトに貼られているリンクの中には、第三者のサイトへのリンクが含まれています。移動先Webサイトの内容の真偽等につきましては一切責任を負いかねますのでご了承下さい。

当ブログへのリンクについて

当ブログはリンクフリーとなっております。当ブログへリンクしていただく際に、特に連絡等の必要はございません。また、特定の記事へのリンクを貼っていただいても構いません。但し、文章など著作物の情報の全面転載は禁止しています。

広告について

当サイトは、第三者配信の広告サービス(Google AdSenseAmazonアソシエイト等)を利用しています。

当サイトはGoogleを含む第三者配信事業者が Cookie を使用して、当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信しています。これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)。